色々ある葬儀の種類についてレクチャー!


あなたがもし亡くなった時、家族や友人・知人が駆けつけてお通夜や葬儀をやってくれると思います。
葬儀といえば、お通夜をやって葬儀をして告別式をするのが一般的です。
しかし、最近では色々な種類の葬儀や葬儀の代わりとなるものがあります。
どんなものがあるのかご紹介しましょう。

【家族葬】

最近多いのが家族葬です。家族葬は、近親者のみで行われる葬儀のことで。90年代以降から
使われるようになったそうです。確かに家族や親しかった人のみの葬儀なら安心できますよね。
家族葬には、コレという決まりはなく家族のみでもいいですし、親しかった友人知人なども呼ぶことができます。
アットホームに一生を終えたい人にぴったりです。

【直葬】

直葬というのは、葬儀や告別式を行わないで、火葬場に行って済ませるタイプのものです。
昔は、身元の分からない人や金銭的な問題を抱えている人がするのが一般的でした。
しかし、今ではお金がかかるから葬儀をしなくてもいいという人が増えたようで、直葬も人気の一つです。

【お別れ会】

もしくは偲ぶ会というものがあります。ホテルなどで開催される事が多く。
家族葬をした遺族が後日開くことが多いです。宗教色としてはあまり関係がなく
故人の思い出話や遺品などを眺めたりするそうです。

墓地や霊園はあらかじめ決めておくとスムーズです。